デコルテニキビ トップ >  デコルテニキビ お悩みQ&A >  デコルテのニキビ痕が酷いです。

デコルテのニキビ痕が酷いです。どんなニキビが痕になりやすいの?

こちらのページでは、すでにニキビが出来てしまって、そのあとが残ってしまった!という時の治し方について紹介します。

まずは、そもそもなんで痕ができてしまうのか?あとになりやすいニキビってどれ?について説明します。

同じニキビでも、痕になったりならなかったりするのは、ニキビの炎症のひどさによります。 ニキビの中でも痕になりやすいのは、

①赤ニキビ
「赤ニキビ」の炎症によって、肌がダメージを受けた場合、皮膚に残るのがニキビ跡です。

②黄ニキビ
炎症は毛穴周辺だけでなく真皮や皮下組織までダメージを与えてしまっています。
この"真皮や皮下組織まで傷つく"ということが、高確率でクレーターやしこり等凹凸状のニキビ跡の原因となります。

痕をこれ以上増やしたくない!という方は、まずニキビを作らないことが最良ですが、万が一出来てしまった場合は
悪化する前に治療・ケアするということが大切です。

あなたのデコルテに出来たニキビ跡はどのタイプ?

次は、タイプ別のニキビ痕について紹介します。

①赤みが残るニキビ痕
"ニキビが治ったのに、赤みが残る"この時、実はまだ肌内部の炎症が残っており、皮膚表面に透けて見えているのです。
赤み痕は、ニキビ痕の中では軽い症状ですが、ちょっとした刺激で悪化する恐れがあるので、紫外線やファンデーションによる刺激には注意が必要です。

②色素沈着したニキビ痕
炎症を起こしたにきびのダメージが、茶色や紫のくすみとなって残ってしまった状態を色素沈着と呼びます。
ニキビによって受けた皮膚のダメージや大きさによって、色素沈着の色みや状態も変化します。

●紫~赤黒い色素沈着
紫がかっていたり赤黒いタイプの色素沈着は、血液に含まれるヘモグロビンが原因です。

●茶色い色素沈着(初期)
シミのように見える、茶色いニキビ跡はメラニン色素が関係しています。
初期の場合はターンオーバーによって、次第に薄くなります。

●茶色い色素沈着(末期)
初期の状態でメラニンが過剰生成された場合、ターンオーバーが間に合わないと古いメラニン色素が体外に排出されず 色素沈着として肌に残ってしまいます。

③凹凸・クレータータイプのニキビ痕
ニキビが激しい炎症を起こすと、体内の白血球は皮膚組織を破壊することで炎症の広がりを抑えようとします。
その際に、皮膚を作る組織まで傷つけられてしまうと、新しい皮膚をうまく作り出すことができず、凹凸や クレーター状の二キビ痕になってしまいます。

タイプ別ニキビ痕改善法とは?

あなたのニキビ痕はどのタイプか分かりましたか?
複数のニキビ痕が混在している方も多いかもしれません。次に、ニキビ痕に合わせたケア方法を紹介します。

①赤みが残るニキビ痕
ニキビの痕が残ってしまうのは、ターンオーバーに乱れが生じているのが原因の一つです。
スキンケアには、ターンオーバーを整える効果のあるもの、例えばビタミンC誘導体やプラセンタ等の成分を 取り入れましょう。
また、ピーリング効果のあるスキンケア・石鹸を使ってみることもおすすめです。

②色素沈着したニキビ痕
沈着したヘモグロビンやメラニンは、ターンオーバーによって排出されていきます。
色素は、角質とともに剥がれ落ちる形で排出されるので、古い角質層がいつまでも残らないよう "洗顔・保湿"などの基礎スキンケアを見直しましょう。
また、保湿の時美白成分のあるスキンケアを取り入れるのもおすすめです。

③凹凸・クレータータイプのニキビ痕
出来てしまったクレーターや凹凸は、セルフケアのみで完治させることは非常に難しいです。
まずは、そんな状態まで炎症を悪化させないことに気をつけましょう。ニキビを触ったり、手で潰すのは厳禁です。
浅い陥没の場合なら、ピーリング効果のある石鹸や化粧水を使用し、ターンオーバーを正常化させることで 凹みは目立たなくなってきます。
深いクレーターで、気になってしまう場合はクリニック治療で専門医に相談することが早い解決法です。